痴呆・認知症の治療方法

痴呆・認知症には個人の症状に応じて様々な薬があります。どれが有効なのかは少しづつ薬を試していくことで症状にあったものを見つけていく治療方法です。代表的な認知機能改善薬はアセチルコリンエステラーゼ阻害薬、ドネベジルがあります。アルツハイマー型認知症に有効なものとしてはガランタミン、リバスチグミンがあります。他にはNMDA受容体拮抗薬としてメマンチンがあります。また、痴呆・認知症は不眠や抗うつ、易怒性、幻覚、妄想などの症状が現れる事があり、これらの対処する薬としては、睡眠薬、抗うつ薬、抗精神病薬などの薬が有効な場合があります。

外科手術で治療が可能な痴呆・認知症。
アルツハイマー型痴呆症ではなく、慢性硬膜下血腫又は正常圧水頭症が原因での場合は手術で治す事が可能です。

患者の不安が原因で暴れたり、妄想、幻覚などの症状が現れている場合は日中の太陽の光を浴びる光療法や、昔の楽しかった思い出や昔の写真などを見て気持ちを明るくする回想法やテレビ回想などの薬物以外での治療方法もあります。痴呆・認知症患者は楽しい思い出は思い出すことがおおくあります。これらの薬物投与以外での療法は、専門のデイケアの専門師などに相談すると良いと思います。

-----------------------------------------------------------
痴呆・認知症治療をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗
-------------------------------------------------------------

痴呆・認知症患者数

痴呆・認知症の患者数は日本では150万人を超えていると言われています。これから日本は高齢化社会へと移行する日本はこれから年々増え続ける傾向にある病気です。痴呆・認知症は本人だけでなく、家族にも暗いカゲを落とす事も多く、認知症患者の介護は24時間365日必要とされるもので、介護疲れも問題視されています。介護する方も高齢者の場合が多く社会的な問題となっています。このような痴呆患者を受けて入れてくれるデイケアなどの施設の充実もこれからの国の課題となっています。

-----------------------------------------------------------
痴呆・認知症治療をお考えの方へ耳よりな情報です→無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗
-------------------------------------------------------------